MFPのまめ知識TRIVIA OF MFP

OFFICE機器の世界! 複合機と比較した最近話題の3Dプリンター VS UVプリンター

みなさんこんにちはー! 現在様々な種類のプリンターがオフィスを賑わしている中、技術的な進歩から3DプリンターやUVプリンターなど、プリンター界でも新しい先進的なプリンターが続々登場しています!

そんな中プリンターの中でも複合機を代表する王道!!レーザープリンターのご紹介と3Dプリンター、そして最近話題のUVプリンターなど、プリンターの種類についてご説明していきますー!

 

レーザープリンターとは

 

ほとんどの複合機に採用されているレーザープリンターとは、レーザーによる感光をトナーに付着させたあとに熱や圧力をかけて印刷紙に印刷するプリンターです。

高速プリンターに分類され、一般家庭などで利用されているインクジェットプリンターと比べて高速で高品質で印刷することができるので、ITなどを中心に企業で導入されています。企業で導入されている理由としては、動作音が静かなどが挙げられますが、トナーやドラムなどの消耗品などが高いというデメリットもあります。やはり単体のレザープリンターや単体のFAXとしてではなく、他と一緒になった複合機として導入するケースが多いようです。

 

3Dプリンターとは

 

製造業では古くから使われてきた3Dプリンターですが、今では様々な分野で使用されています。そもそも3Dプリンターとは立体物を表すデータをもとに熱で溶かした樹脂をノズルから押し出し何層にも積み上げてデータを立体造形物として実体化・可視化できるようにする装置のことを言います。複合機のレーザープリンターとは全くと言っていいほど用途が異なります。ですが最近では建築業界において住宅模型用途で出力したり、お客様へのプレゼントに住宅模型を出力するなど、昔では考えられないほど手軽に使用されています。また医療関係においても人体の臓器模型として出力するなど複合機にも追いつくぐらいの勢いで普及し始めています。

 

 

UVプリンターとは

 

UVプリンターとはインクジェットプリンターに近い原理ですが、大きな特徴としては印刷できる対象の幅が非常に広い事です。ボールペンやゴルフボール、スマートフォンケース、革、ソフトケース、アクリル、ガラスなど様々なものに印刷が可能で、特殊なインクを吹き付けノズルの後ろからUV照射することによりインクを瞬時に硬化させる方式となります。この方式で印刷をすると、とても高品質な仕上がりとなり様々な流通している商品と変わらないレベルで印刷が可能となります。モノづくりをされている会社様などに導入されてるケースが多いですが、安いUVプリンターになると複合機と価格的にも変わらないモデルがあり、自社で様々なものにロゴをよく入れるような企業様だと外注するよりも安くなる可能性まで秘めています。

 

 

プリンターの可能性

 

プリンターの歴史で言えばタイプライターととも登場したドットプリンターがプリンターの原点とも言えますが、ドットプリンターは出力できるのが文字などに限定される反面、インクジェットプリンターやレザープリンターなどの絵やカラーの物体が出力できるようになっていった為衰退してしていきました。今では技術革新のスピードが著しくレザープリンターがさらなる高速化、小型化が進んで、一般家庭でもレザープリンターが主流となりつつあります。また上記で紹介した異色なプリンターなども用途は違うものの会社や個人にまで手軽に導入されるようになりました。今後目を離せないプリンター業界!詳しいお話は弊社までお問い合わせください。

CopyRight 2017 TOYO CO.,LTD.

お気軽にお問い合わせください

フォームでのお問い合わせはこちら 

TEL: 075-591-5111 / FAX: 075-501-1400


TOP